top of page
  • bodypotential0501

生理的疲労を軽減する方法とは?ストレスと運動の役割

「生理的疲労」を軽減するためには、まず「疲労感」と「疲労」の違いを理解することが重要です。


「疲労感」は「休みたい」という感覚で、体が過度に活動すると生じます。


一方、「疲労」は細胞の停止や死を引き起こす原因となります。


驚くかもしれませんが、「疲労感」を抑制する一つの方法は、「ストレス」、正確には「ストレッサー」です。


ストレッサーが心身に作用すると、副腎皮質ホルモンが分泌され、交感神経が刺激されてアドレナリンやノルアドレナリンが放出されます。これらのホルモンは興奮作用があり、「疲労感」を抑制します。


しかし、この状態は「疲労感」が抑制されているだけで、「疲労」、つまり細胞の障害は蓄積されていきます。


したがって、「疲労」そのものを減少させるにはどうすればよいのでしょうか。


答えは、「リン酸化eIF2α脱リン酸化酵素」という酵素を増やすことです。


この酵素は生理的疲労を回復させる作用があります。


そして、この酵素の産生を誘導するのは、軽い運動などの「疲労」です。


実際に、とある研究所で被験者が1〜3ヶ月間軽い運動を続けると、「疲労回復指数」が上昇したそうです。


これは、軽い運動によって適度な「生理的疲労」がもたらされ、疲労回復力が増強されたためです。


つまり、適度な運動は生理的疲労の回復に役立つということです。


疲れは運動かストレッチで取ろう!




閲覧数:0回0件のコメント

Comments


bottom of page