top of page
  • bodypotential0501

有酸素運動と無酸素運動の組み合わせでダイエット効果を最大化する方法

ダイエットには、有酸素運動と無酸素運動の両方が重要です。


有酸素運動は、脂肪を燃焼させる効果があります。無酸素運動は、筋肉量を増やして基礎代謝を上げる効果があります。


有酸素運動の例としては、ウォーキング、ジョギング、サイクリング、水泳などがあります。

普段から積極的に歩く意識を持つこともOKです。


無酸素運動の例としては、ダッシュとか筋トレなど短時間で大きな力を発揮する運動です。



ダイエット効率を上げる場合は、先に無酸素運動で基礎代謝を高め、有酸素運動で脂肪を燃やすことがおすすめです。


ダイエットに効果的なワークアウトの一例をご紹介します。


スクワット:10回3セット

プランク:30秒キープ2セット

ジョギング:20分

腹筋:10回3セット


このワークアウトは、自宅でも気軽にできるものです。


もちろん、自分の体力や目標に合わせて、回数や時間を調整してください。


ボディポテンシャルでは、ジムで出来るトレーニングだけでなく、自宅でも出来る方法も教えます。

そして、正しいフォームを習得して、ご自身のトレーニングの幅を広めてくださいね!


ダイエットには、運動だけでなく食事も大切です。


食事は、「主食」「主菜」「副菜」を意識しながら摂取しましょう。


食事量を減らすのではなく、高カロリーなメニューから低カロリーメニューに替えると、無理なくカロリーコントロールができます。


ダイエットに効果的なワークアウトと食事について、少しでも参考になれば嬉しいです。😊


もし、もっと詳しく知りたいことがあれば、お気軽にお聞きください。


ボディポテンシャルは、あなたのダイエットを応援しています。💪





閲覧数:0回0件のコメント

Comments


bottom of page