top of page
  • bodypotential0501

辛い肩こりはマッサージではなく、動いて根治を目指そう!

最近では、デスクワークやスマートフォンの使用により、肩こりが悩みの一つとなっています。


多くの人がマッサージや湿布などの一時的な対処療法に頼っていますが、本当の解決には動くことが重要です。


本記事では、肩甲骨の動き、血流改善、酸素不足解消の3つのポイントを紹介し、肩こりを根本的に解消する方法をご紹介します。


まず、肩甲骨の動きを意識しましょう。

肩こりの多くは肩甲骨周辺の筋肉の緊張が原因です。


デスクワークや長時間の座り姿勢では、肩甲骨周辺の筋肉が硬直し、正しい動きが制限されます。


肩甲骨を意識的に動かすエクササイズを取り入れることで、筋肉の緊張をほぐし、血流の改善にも繋がります。




























ボディポテンシャルではケーブルマシンも使用して肩こりを改善させます。


次に、血流改善を図りましょう。血流が滞ることで筋肉に十分な酸素や栄養が届かず、肩こりの原因となります。日常的な運動やストレッチを取り入れることで、血流が促進され、筋肉が緩んで肩こりが改善されます。


具体的な血流改善の方法としては、ストレッチが効果的です。

肩や背中のストレッチを行うことで、筋肉の柔軟性を高め、血流の改善を促進します。


例えば、肩を回す、背中を反らす、上体を左右に捻るなどの動作を行うことで、肩甲骨周辺の筋肉をほぐして血流を促進しましょう。


さらに、酸素不足の解消も肩こりの改善に効果的です。

深い呼吸を意識して行うことで、体内の酸素量を増やすことができます。


日常生活での深呼吸や腹式呼吸のような呼吸法を取り入れることで、筋肉の緊張をほぐし、酸素不足を解消します。


肩こりの根本的な解消のためには、マッサージなどの一時的な療法だけではなく、動くことが重要です。

肩甲骨の動きを意識し、血流改善と酸素不足解消を促す運動やストレッチを取り入れましょう。


日常生活において、デスクワークや長時間の座り姿勢を続ける場合には、定期的な休憩と姿勢の変更も大切です。長時間同じ姿勢を続けると、肩や背中の筋肉に負担がかかり、肩こりの原因となります。


30分程度ごとに立ち上がり、軽いストレッチや散歩をすることで、筋肉の疲労を軽減し、血流の改善につながります。


そして、正しい座る姿勢を意識してみませんか?


デスクワークをする際には、デスクチェアやデスクの高さを調整し、正しい姿勢を保つようにしましょう。


背中をしっかりと立て、肩を前に出さずに自然に下げる姿勢を心がけることで、肩こりのリスクを低減できます。


最後に、十分な睡眠とストレスの管理も肩こりの改善に繋がります。

睡眠不足やストレスは筋肉の緊張を引き起こし、肩こりを悪化させる要因となります。

質の高い睡眠を確保し、ストレスを適切に管理するためにリラクゼーション法やストレス解消の方法を取り入れましょう。


肩こりはマッサージだけでなく、動くことと継続的なケアが重要です。


肩甲骨の動きを意識し、血流改善と筋肉の柔軟性を促す運動やストレッチ、酸素不足の解消、姿勢の改善、定期的な休憩と姿勢の変更、十分な睡眠とストレスの管理を心がけることが肩こりの予防と改善につながります。


これらを意識して、辛い肩こりを改善させていきましょう!


そして、ボディポテンシャルでは、ストレッチマシンIMPROで、肩甲骨周辺、肩まわりを気持ちよくほぐして肩こりを根治させていきます。



















ぜひ、一度体験をしてみませんか?

閲覧数:4回0件のコメント

Comments


bottom of page